外壁塗装及びその他改修① 20191001

今日から10月です!
もう今年も残り3か月・・・100日無いんですね・・・。

本当に早いです。
それは年を取るごとに痛感です・・・・・。

この10月はいよいよ増税・・・消費税が10%にUPです。
2%UPはちょっと実感し難い増税ですが、いつか大きい買い物をした時
ようやく実感出来るのでしょうかね・・・・?

 

なお弊社では、先週金曜日より「秋の生活応援セール」を開催してます♪
10月、11月ご契約のお客様には少し割引をさせて頂きます♪♪
是非とも、ご相談下さい!!

 

 

そして、先週末より、また新しいお客様の工事に取り掛からせて
頂いております。

 

 

メイン工事は、外壁塗装改修です!

 

ご近隣様にご迷惑が掛からないよう、4面シート張です。

ただ、この季節、台風がチョイチョイとやって来ます。
今も既に沖縄近辺に台風18号・・・居ますもんね・・・。
明日か、明後日辺りには、シートをまた畳まないといけないかなー。

今回工事、まずは既設コーキングの打ち替えです。
通常、外壁塗装とは基本セットでご提案させて頂いております。
ほとんどの外壁には、外壁材同士の繋ぎ目があり、そこには
ほぼ「目地」が発生します。
その部分をつなぐ役目を担っているのが「コーキング」になります。
大凡ここが、最初に劣化が見られます。
コーキングが切れて接着がしていなかったり、酷いものは摩耗したかの様に
擦り切れてしまっているものなんかもあります。

 

既設コーキング撤去後・・・

 

窓等のサッシ廻りにもコーキングは打ってあります。

ゴムのような素材なので、こんな風にびよーんと取れることもあります。

この建物自体の構造上、コーキングは「二面接着」されているようです。
その字の通り、コーキング接着面は二面(左右面)で、底の部分はバックアップ材に
より接着をさせていません。建物の揺れ等による動きに、切れてしまうことなく
追従できるように・・・三面接着ではないのです。

なので、撤去も写真の様に、両側をカッターで切断して接着面の縁を切ってしまうと
引っ張って簡単に取れて行きます!

 

既設のコーキングが除去出来たら・・・・・・

 

両側にマスキングテープを張付けたら、接着力を保持するためのプライマーを塗布

 

コーキング打設です!

 

今回使用材料!
2成分形 ポリウレタン系

 

コーキング打設後に外壁塗装を施工しますので、非汚染性に優れている
ポリウレタン系のコーキングを使用します!

 

明日も晴れると、この作業も終了なのですが・・・・明日からの天気は
微妙ですね・・・・。
まずは、台風の影響が少なく、大荒れしないことを祈ります・・・。