浴室改修 20200116

1月も早や17日・・・「松の内」を過ぎても
未だ、積雪はおろか、降雪自体がZEROです。
雪がないと、仕事でも普段の生活でも非常に楽ちんです!
このまま今年も大雪にはならないことを祈ります・・・。

 

今日1月17日はあの「阪神淡路大震災」が発生した日ですよね・・・。
朝から関西系のテレビでは、追悼の模様を中継していました。
当時の僕は、福井市内のマンション5階で寝ていました。
あの時は流石に揺れに反応して、目を覚ましたことを覚えています。
福井の距離であの揺れでしたから、震源地付近は想像を絶しますね・・・。
地震や水害そして大雪・・・あらゆる事態の備えが必要ですね・・・。

 

さて、昨年末に浴室改修をさせて頂いたお客様が居られます。
そのお風呂は、どちらかと云うと狭いお風呂で、しかも
浴室洗い場に柱が立っているのです・・・。
しかも、その柱は通し柱と呼ばれる構造上とても重要な柱
です!無論、取っ払う訳にも行かず・・・・。
在来工法の昔ながらの浴室をユニットバス、システムバスではない
方法でのリフレッシュ工事となりました。

 

着工前
タイル貼り仕上げの浴室

完成
フクビ バスパネル
バスミュール張り仕上げ

浴槽
タカラスタンダード
人造大理石浴槽120cm

横スベリ出し窓
LIXILデュオPG

浴槽は、今までより20cm拡張して、少しでもゆったりと
窓は単板ガラスのものを複層ガラスのサッシに替え、断熱性を高めました。

 

 

着工前 外観

完成 外観
勝手口も施錠したまま採風可能な
ドアに取り替えました!

周辺の外壁は夏が過ぎたあたりにまた順次張り替えを計画されております。

 

リフレッシュしたお風呂で、気持ち良くお正月を迎えられていたら
何よりも嬉しいことです。
ありがとうございました!!